杏色の空
私(杏)と長女3歳(小桃)次女0歳(小梅)の読書・雑記になります。

だいくとおにろく

タイトル:だいくとおにろく
作者:松居 直 (著), 赤羽 末吉 (イラスト)
MY HIT:●●●●●

感想

小桃の保育園で節分前に読んでいたらしく、珍しく図書館で「これをおうちでも読みたいよ~」と持ってきた一冊。

以前にも家で読んだような気はするものの、忘れられているらしい・・・。

でわでわ、気を取り直してもう一度読もうかな~♪

流れの速い川に橋を架けることになった大工さん。
安請け合いして、川を見に行くとあまりの流れの速さに目が点・・。
困ってると、鬼が現れて「橋をかけてやるから、目玉をよこせ!」とひとこと。
仕事がいくら大事でも、ちょっと目玉は困るのに、しかも相手は鬼なのに・・・。

ふつう、即、断るはず。

が、

おれは、どうでもよい」って、大工さん!!

相手は人智を超える相手。

あっという間に、橋はできあがり・・・。

「さあ、めだまぁ よこせっ」

「たのむ。まってくれ」

「そんなら、おれのなまえをあてれば、ゆるしてやってもええぞ」

そんなやりとりのあと、大工は森に逃げ込み、鬼の名前を知ることになります。

このあとの鬼と大工のやり取りの面白いこと!
文章も絵も最高です。
見開きで、モノクロとカラーのページが交互になってるところも、本全体にいいリズムを付けているように思います。

この思慮深くない、飄々とした大工さん、面白いわ~。

生き生きとして、でも少し芝居がかった強調された表情の大工とおにろく。

どこか狂言を思い起こさせるものがあります。
さぞや、日本の伝統に精通した日本画家のかたなのかと思ったら、東京生まれの満州育ちの方で、絵は全くの独学だそうです。

すごすぎる・・・。

スーホーの白い馬もこの方が描かれてるんですね~。
あの絵本も、切なくていいのよね・・・。

またまた違う絵本が読みたくなった私でした。



おつきさんどうしたの (岩波の子どもの本)

タイトル:おつきさんどうしたの (岩波の子どもの本)
作者:エドナ・ミッチェル プレストン (著), バーバラ クーニー (イラスト), 岸田 衿子 (翻訳)
MY HIT:●●●○○

感想

レトロな絵がとてもかわいいです。
文章も韻をふんでいて、とてもきれい。
マザーグースがこんな感じだったかな。

お母さんアヒルの言うことを聞かないで、夜の散歩にでかけた一羽のアヒル。
キツネに食べられそうになりながらも、なんとか生還します。

最後のページのお母さんの表情がほんと面白い。
わたしもきっとこんな顔をしておこってるんだろうなぁ~。

内容うんぬんではなく、ただただ文章の美しさを堪能してほしい一冊です。


くすのきだんちのなつやすみ

最近めっきり更新が滞ってしまってすいません。
勉強中のエクセルVBAが全然はかどらないんです。
ごめんなさいね~。

そんなわけで、久々の更新です。


タイトル:くすのきだんちのなつやすみ (くすのきだんちシリーズ)
作者:武鹿 悦子 (著), 末崎 茂樹 (イラスト)
MY HIT:●●●●○

感想

毎度おなじみ”くすのきだんち”シリーズ。
ほのぼので透明感のある絵と、安定感のある文章がたまりません。

今回は、タイトルにあるように”なつやすみ”がテーマ。
だからかな、登場人物たちのリラックスして生き生きとした感じが、いつもの1.5倍増し。

そのなかでモグは地味に、アパートを掃除したり、本を読んだりと、けなげに生活をしています。
こんな地味な主人公も珍しいのではないかしら。笑

さて、管理人のモグ以外だれもいなくなったところで、悪者登場。
セミの協力を得て、というかほぼセミのおかげで、この悪者を追い払い皆の留守を守り、今回の山場終了。
このあとは、夜変な音がしたりして少しハラハラしたりして、次の日には皆が帰ってきていつもの”くすのきだんち”にもどるというの流れ。

大人的には微笑ましいお話なのですが、小桃的にはかなりスリリングな内容だったらしく。
けっこう興奮してみてました。
まぁ家の子が特に恐がりなのも、理由としてあるかもしれません。

余談ですが、このシリーズにでてくるキツネの音楽家って誰かに似てる・・・。
ずーーっと気になっていたのですが、昨日天啓が・・・。

そう、「石田衣良さん」!!

なんか似てませんか?
私だけそう感じるのかしら。

でも、だれだかわかっただけですっきり~。







かがくのとも 2016年 04 月号 にわのキアゲハ

タイトル:かがくのとも 2016年 04 月号 にわのキアゲハ
作者:岩渕真理
MY HIT:●●●●○

感想

虫好きの小桃。
しかも蝶。
やっぱり、じーーっとみてました。

そして「なんで?」「なんで?」を本をさし連発。

でも、でも・・・・・。
私は、虫がきらいなんだ~!!正視できん!

内容も絵も、すごくいいのはわかります。

38個のキアゲハの卵は最終ページで1個だけが生き残り、蝶になります。
途中いろいろな虫に食べられたりするからです。

自然って厳しいなぁ・・・・。
NHKのダーヴィンのエンディングが耳の奥でこだましてます。

それにしても、絵がリアル・・・・。
いつもなら本をめくりながらこの感想を書くのですが、今日は無理・・・。
絵本は少し遠くにおいてあります。
作者さんごめんなさい。
子供は必死でみてるのでそれでチャラにしてください・・・。


それにしても、いったいいつからこんな虫嫌いになったんだろ、私。
うろ覚えだけど、むかーしのジャポニカ学習帳の写真がリアルでじっと見すぎて、気持ちが悪くなったのだけは覚えてます。

小桃も小梅もいつか虫嫌いになるのかな?
どうなんだろう?

経験者の方、いらしたら教えてください~。




おおきなもりのふゆ―絵本・大草原の小さな家〈1〉

タイトル:おおきなもりのふゆ―絵本・大草原の小さな家〈1〉
作者:ローラ・インガルス ワイルダー (著), ルネ グレーフ (イラスト)
出版社:文溪堂
MY HIT:●●●●○

感想

テレビドラマで有名なあのシリーズの絵本版。

年齢を偽るわけではないですが、ドラマの記憶がかなり擦れて、セピアの私には初”大草原の小さな家”。

読んだ感想としては、「や~す~ら~ぐ~」と声に出しそうなぐらい安らぐ絵本だったということ。

古き良きアメリカ。
今の大統領を選んだアメリカの人たちは、こういう時代に帰りたいのかな。どうなんだろう。

わたしだって、この本を読んだ後にはこんな生活に憧れたよ。
自給自足。
暖炉の前に家族で集う、笑いあう、助け合う。
いいなぁ~と心から思うよ。

特に、子供が聞き分けがいいんだわ(笑)
うらやましい。

でも、読後、大人ならきっと安らぎと一緒に、寂しさを感じるのではないかな。

だって、この世界は私たちがなくしてしまったものだから。
戻れない、別の世界だから。

そんな癒しと、寂寥と。
りっぱな小説を読んだ後のような、感情をいだかせてくれる絵本でした。

小桃的には、素敵な絵と、子供やお母さんが着ている服に憧れを抱いたようです。
続きが読みたいといっていたので、また図書館で借りてみようとおもいます。



ちなみに、私のはまりもののおやつがこれです。
おいしいです。
お試しあれ。











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。