杏色の空
私(杏)と長女3歳(小桃)次女0歳(小梅)の読書・雑記になります。

ゆきむすめ―ロシアの民話

タイトル:ゆきむすめ―ロシアの民話
作者:岸田 衿子 (著), スズキ コージ (イラスト)
出版社:ビリケン出版
MY HIT:●●●●○

感想

雪が降りそうなぐらい寒かったので、図書館で手に取ってみた本。
そうしたら数日後に大寒波がきてしまった・・・・。
驚きです。

さて本の内容とは関係ないけど、”ビリケン出版”って始めて聞く出版社です。
思わず二度見してしまいましたよ。笑

そしてAmazonの本の紹介をみて、またびっくり。
スズキコージさんのデビュー作!
ひぇ~、この完成度の高さはなにごと!
キテレツで破壊力があるスズキコージさんの絵とは確かに違うけど、この冷たい透明感・・・。
ん~、とっても好きです。
そして、文章は岸田衿子さんなんですね~。
こんなコンビの作品は私始めてです。
ゼ・イ・タ・ク
知らずに手に取るとこんな面白い縁にであうから、本ってやめられない。

内容もねとてもよかったです。
同じ北国だからかな、どこか”どろにんぎょう”を思い出させる感もありましたが、あちらがおどろおどろしいのに比べて、こちらははかない感じ・・・。
ゆきむすめが夏至の前の日に、消えてしまうのは自然の摂理だとはいえ、ちょっとうるっとしちゃいました。

それにしても、いろいろな誘惑に抗ってなんとか命を繋いでいたゆきむすめが、子供の遊びの好奇心に負けてしまうあたり、なんだか子供の本質をついてるなぁって・・・・。

小桃もじーっと絵本に見入ってました。

何かを感じたんでしょうね。
雪の日に雪の絵本。

外出できず、カレーのみのさみしい夕飯でしたがなかなか楽しい家時間をすごしました。



神さまがやどる お掃除の本

タイトル:神さまがやどる お掃除の本
作者:きさいち 登志子
出版社:永岡書店
MY HIT:●●●●○

感想

自分を育ててくれ見守ってくれた家と家の神さまに感謝しながら掃除する事がポイントです。

この一文が、この本のキモではないでしょうか。

私は「掃除は嫌いだけど、きれいな空間はすき」というわがままな性格。
だけど、この文章を頭の隅において掃除(磨き掃除)をすると、不思議と掃除が気持ちよくなってきました。
気の持ちようってあるもんですね~。

ウェスとメラミンスポンジ、スプレーを駆使して隙間時間に磨き掃除を実践中。

磨き掃除は大きい音がでないから子供が寝てるときにできるのがうれしい・・・。

特に台所のシンクを一日一回、ウェスで仕上拭きをすると見違えます。


春の仕事復帰に向けて、徐々に家の中を綺麗に保つ仕組み作りを行っていきたいところだったので、この本はとても参考になりました。
難しい道具はいらないし、手軽にでも綺麗にできる方法がかわいいイラストでかいてあるのでやってみようかな~と思えるのです。

寒い、忙しい、時間無の三重苦の年末に大掃除をスルーされた方は、この本をみてもう一度ゆっくり掃除を楽しむのもありだと思います。




はなのすきなうし

タイトル:はなのすきなうし
作者:マンロー・リーフ
出版社:岩波書店
MY HIT:●●●●●

感想

地方のフリーペーパー紙で紹介されてて、興味をもって図書館で予約しました。
エッチングなのか、版画なのかはわかりませんが、モノクロの一見地味な絵本です。

でもすごく丁寧に作られているのが一回読んだだけでよくわかります。
これは翻訳者の力量なのか、訳文がとても美しく詰まることなく読み上げることができます。

うしとは いうものの、 よく ものの わかったおかあさんでしたので

なんて、そう簡単にうかぶ文章ではないような気がします。とてもきれい・・・。

内容も素晴らしいです。
「一億総活躍」なんてて、この本を読んだ後にいってほしいよ・・・。
「幸せ」そのものの意味について、しみじみ考えさせられました。

小桃もものすごく気にって、暗誦もどきのことをはじめてます。

これはアマゾンでポチリをせねばならんかな~と思案中。





Cinderella

タイトル:Cinderella
作者:?
出版社:ディズニー
MY HIT:●●●●○

感想

サンタクロースのプレゼントの一つがディズニーの”Cinderella”DVDでした。
白雪姫が大好きな小桃ですが、飽き気味だったので(まぁ、あれだけみればね・・・)クリスマスプレセントにこちらをおしこんでみたところ、大正解!!
毎日毎日、シンデレラの日々です。
歌も映像もきれいです。
やはりプリンセスものは、女の子の心をくすぐるようです。
日々、なりきり・・・。
でも、小桃さん、悪いお姉さんのまねをして洗濯ものを投げるのはやめてください・・・。

前回の”白雪姫”が悪者のお妃もファンタジーで、夢の中のお話っていうか、現実味があまりないのに反して、こちら”シンデレラ”は悪者の義母と義姉が結構リアルで恐いです。
だから、よけいにシンデレラが幸せになるところでは、ほっと一息つける感じ。

大人もみていて楽しいとおもいます。

なので、CDつきの絵本も買いました。
小桃、真似できないけど真似をしようと試みてます。

ここのところ、英語での発話が増えてきたように思います。
保育園の英語授業がきいてるのかなぁ。

そろそろ、オンライン英会話の授業をうけてみてもいいかもしれないなぁ、と思いつつも、機械音痴の私はスカイプの設定に恐れおののいてます。
うぅ~どうしたものか・・・。








おさるのジョージ びっくりたんじょうび

タイトル:おさるのジョージ びっくりたんじょうび
作者:マーガレット レイ (著), ハンス・アウグスト レイ (著), マーサ ウェストン (イラスト)
出版社:岩波書店
MY HIT:●●●●○

感想

おなじみ、おさるのジョージ。
キャラクター化される前の懐かしいタッチの絵柄がうれしい。(^-^)

文章も多くなく、少なくなく、4歳の小桃にちょうどよい感じでした。

小桃もとても気にったみたいで、朝起きてすぐこの本を広げて見ていました。
わたしも小さい頃眺めていた記憶があるけど、じっくり読んだのは今回が初めて。

”ジョージ”って大人から見た”子供”なのかな。
喜ばしてあげたくなって、失敗したら助けてあげたくなって、でも思いもよらないことをして笑いをくれたり。

小桃も4歳。
手に負えなくて、ついつい怒ってしまうことも多いけど、私も黄色い帽子の人みたいに子供の横で笑っていられる人でありたいなぁ・・・。
年末年始、怒りっぱなしだったもんなぁ

たくさんのシリーズがあるようなので、また借りてみようと思います~。