杏色の空
私(杏)と長女3歳(小桃)次女0歳(小梅)の読書・雑記になります。

霖雨

タイトル:霖雨
作者:葉室 麟
出版社:PHP研究所
MY HIT:●●○○○

感想


広瀬淡窓とその弟久兵衛を軸とした小説。

新聞の下のほうにある広告で目にとめてからいつか読んでみたいなぁと思ってたので、図書館の棚にあったのを迷わずゲットしました。

読後感想としては・・・・。

広瀬淡窓っていう人物の魅力が、とてもとても小説向きでないこと。(;д;)

雨が止むのを待つがごとく、ひたすらお上の嫌がらせともいえる干渉に耐え忍び、塾を経営していくのだが、実務は弟久兵衛に依存しっぱなし。

ーー正直、日常の生活に追われる身としては、「いい身分だなぁ~」と思ってしまう。

すぐ結果が求められる世の中にあって、すぐに結果を出さない教育というものに携わる人物を主人公に据えるのって難しいよなぁ。
それでも、この人を描きたいと思った作者。
それはやはり世の中に小説を通して何か言いたいことがあるのだろうなぁ、と思う。

しかし、しかしだ。

やっぱりこの人を主人公にするのはどうかなぁ、と首をひねってしまう。
まだ世事にあくせくする久兵衛を主人公にして、スパイスとして広瀬淡窓を登場させるほうがよくなかったか?
そのほうが、読者の共感を得やすいように思えるけど・・。
主人公にするならするで、霖雨に耐えて雨があがるところで小説を終わらせるのでなくて、上がったあともしっかり書いてほしい。
耐えるところだけ書かれても、言いたいことはわかるけど、胸に熱いものが迫ってこない・・・。

そして塾に現れたわけあり男女の書き方も??
あきらかに物語に色を付けるためだけに加えられた感がいっぱい・・。
未熟な男に、過去があるいい女。
しかも女は、実に主人公達にとって都合よく動いて、最後は男をつれて消えてしまう。
正直この女性には何にも共感しなかった・・。

うぅ~じつに「おしい」。
あともうひと手間、一ひねりですごく感動できそうだったのに・・・!

では、なにも心に引っかからなかったかというとそんなことはないんですよ。

まず、文中によくでててくる漢詩は、分かりやすく解説もしてあって凄くよかった。

そして、次の一文。

ひとは生まれながらにして徳を備えてるいるわけではない、と淡窓は考えた。様々にかけたところがあるのを埋めるように、目指すものに向かって努力を怠りなく続けることができて、初めて人は真価を発揮できる。その努力を粘り強く見守ることが、人を教えるということだと思い至った。

これには、感動した。
ここが作者の一番言いたかったところなのだろうなぁと、私は勝手に解釈しました。

子供を育てながら、自分を育てながら、必要なのは・・・・、ズバリ、「根気」だと私は思う。
あと、明るさ。(*^_^*)

教育者は親ではないけど、見守る=教える、ってことを分かってる人のことをいうのかな。
理想論かもしれないけど、大切なことだと思います。

まぁ、徒然にいろいろ書きましたが、葉室麟さんの本、また他のものも読んでみたいと思います。

何かを伝えようとする気概を感じることのできる一冊でした。





[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

霖雨 [ 葉室麟 ]
価格:799円(税込、送料無料) (2016/10/8時点)



I LOVE モーツァルト

タイトル:I LOVE モーツァルト
作者:石田 衣良
出版社:幻冬舎
MY HIT:●●●○○

感想


ー好きなんだけど、歯が立たないー
めざし?するめ?いえいえ、そんなカワキモノのはなしではなく・・・。

わたしにとって、好きだけど歯が立たないもの。
日本の古典、英語、クラシック音楽。
なにも分かりやすく、飲み込みやすいものだけが、いいってわけじゃない。
めざしだって、するめだって顎はつかれるけどやっぱりおいしいもの。

古典に関しては、田辺聖子さんや永井路子さん、もろもろの解説書。
英語に関しては、名文集やディズニー。
音楽に関しては、ホニャララ全集。
と、とっつきやすいところから入って、ときどきちょっと難しそうなのに手を出して。行きつ戻りつしながら楽しんでおります。

そんなわたしにとってこの本は救世主。
石田衣良さんのすてきな文章で、モーツアルトのことが分かりやすく書かれているだけでなく、音楽、人生の楽しみ方まで示唆してくれています。
石田さんも「モーツアルトの流れるような、淀みのない感じが好き」といわれてますが、本書の文章もやはり淀みがない。
読んでいてすっと心と頭に入ってくれます。


本当に一番素晴らしいのは、芸術そのものではなくて、それを「素敵だ」「面白い」と感じることができる人の心である
人間の心のキャンバスのほうがどんな芸術よりもうんと広大なのだ


この一文。
そうそう、そうだよね~と、思ってしまいませんか?
グタグタに疲れてたり、どうにも晴れないもやもやを心に抱えたままだと、心のアンテナが鈍くなって美術館とかに行っても、いまいち感動を味わえなかったりするもの。
(私の場合、もやもやを突き抜けるぐらい落ち込んでるときは逆にアンテナが鋭くなるんですが・・・)
芸術を創作する側もすごいけど、芸術を連綿と伝えてきた受け手の存在も私はやっぱりすごいと思うのです。

無理に夢を探して、自分を傷つける必要なんか全くない。-中略ー「人生を楽しむ感じ」をいつも忘れないで欲しい
このこと、自分にも、ついつい仕事一筋になりがちな旦那にも教えてあげたくなるな。
トイレの壁に書いて貼っとこうかしら。

Mangare,Amore,Cantare.

スペルは自信ないけど、イタリア語で聞いたことあるフレーズが浮かんできました。

私の人生もかくありたい。

いろいろ書いてしまいましたが、この本、人生書ではなく、もちろんモーツアルトに関する本です。
CDもついてて曲の解説もしてくれてます。
専門知識の無い初心者(私)にとっては、とてもありがたい仕様となっております。
さらに、石田衣良さんお勧めのCD等の記載もあって入門書としての活用法も大です。
衣良さんは、グレングールドというピアニストの方がお勧めのようなので今度聞いてみようと思ってます。

それにしても久しぶりに石田衣良さんの文章を読みました。
一時狂ったように読んでた時期を懐かしく思い出します。新刊も色々だされてるみたい。
読みたくなっちゃったな~。







子どもたちと絵本

タイトル:子どもたちと絵本
作者:長谷川 摂子
出版社:福音館書店
MY HIT:●●●○○

感想

数々の絵本を生み出された、長谷川摂子さんの絵本に関する本。
色々な絵本の紹介や、教育育児現場を経験されている方らしい説得力のある文章に納得させられながら読み進めました。

図書館でも本屋さんでも、膨大な数の絵本が並んでるので、そのなかから面白そうなのを選ぶのって結構大変。

私はこういう絵本論を書かれてる本や、MOEなどの雑誌。好きな作家さんの絵本などからセレクトすることが多いです。

こういう本を読みながら「あ、これ面白そう~」や「そうそうこの本、面白かったわ~」など一人で盛り上がってしまいます。
自分が以前に見つけて面白いと思ってた本が紹介されてたりしたら、「私、見る目ある!」などと変に自信をもったりしてしまいます。←バカ・・・。

今回読んだ中で一番心にきたのは次の2文。

わたしはしみじみと思っている。ひとりでそそくさと黙読するだけでは、眠った絵本をさすりまわしているだけなのだ。絵本は子どもたちを前にして声に出して読み上げるとき、初めて目をさまし、起き上がってくるものなのだ、と

う~ん。確かに!私も子どもに絵本の読み聞かせをするまでは、絵本って観賞物だったなぁと思うんです。
かわいい絵、色のきれいな絵、添えられた文章。それらを「いいなぁ~」とさすっているだけ。癒されるだけ。心が震えることはなかったです。

子どもの絵本に対する集中力、吸引力、思いがけない発見。
それらが自分の読みあげる文書と、混ざり合い、ぶつかり合い、一つの空間に存在する不思議。
それらの感動をこの文章ほど的確に表現してくれてるものはないのではないでしょうか。

そしてもう一文。


息子は、保母稼業で疲れて帰宅し、不機嫌だったわたしに「子ヤギのお母さんはいいな、疲れてなくて」といってギクリとさせた。

私も、ギクリとしました。

今でこそ育児休暇中で、時間も体力もフルで働くのに比べれば余裕があるけど、働いているときはそれこそ24時間戦闘態勢、ノンストップ。
子どもとの時間を作ろう、美味しいご飯を作ろうとして、結局疲れて無意識に不機嫌になってたと思います。

私もやっぱり言われました。
「お母さん、疲れてるんよね」
責めるでもなく、淡々と。
もうこれ、グッサーーときます。

かといって、24時間戦闘態勢、ノンストップは厳然たる事実で・・・。
早く早くと家に帰って詰め込んでやってた洗濯、食事の後片付けをうっちゃって、早朝に回したりしてみました。
まぁ、家事の総量が減るわけではないので、夜疲れた顔を子どもに見せないための苦肉の策では違いなんですけどね。泣

わかってんのかなぁ、「一億総活躍」とか言ってる上の人。
社会に出ろ、生産しろ、っていうけど「何かをなしとげる」「なにかをつくる」以外に「身を削って生産性の無いことをやってる人がたくさんいるから、世の中回ってる」ってこと。

ととと、話が横にそれちゃった。

とにかく絵本好きな方、絵本ジプシーになりそうな方は一読してみてください。
面白いですよ。




商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

子どもたちと絵本 [ 長谷川摂子 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2016/9/2時点)



人生にとって意味のある勉強法

タイトル:人生にとって意味のある勉強法
作者:陰山 英男
出版社:PHP研究所
MY HIT:●●●●○


感想


長年教育者として色々な提言をされてきた、陰山先生。
その先生の大人向け勉強ノウハウがコンパクトに、興味深くまとめられています。

本書の中で特に私の中に響いてきたのは以下2点です。




「思い出し能力=アウトプット能力」の項目。
もともと人と話すのがあまり得意ではないけど、加齢とともにどんどん人と話すのが苦手になってきてることを、最近感じてはいたんです。

先生は「どうすれば相手の役に立てるか」を考えて話をされるそうです。

ちょっと目から鱗。
私はついつい相手が楽しいだろう話、無難な話を一所懸命さがして話をしていたように思います。
「どうすれば相手の役に立てるか」という視点は私にとっては新機軸。
ちょっと育児休暇終わったら試してみようかと思います。




小学生の英語学習が必須になるにしたがって、何年後には英語を普通に話せる人と仕事をするようになる。
グローバル化は日本の外にあるのではなく、日本も外国も含めたフラットな世界がグローバルとなる。

の一文に、驚きました。
ただそれは黒船をみたような未知に対する驚きではなくて、どこか感じてはいたことを具体的に言葉にされた驚きとでも言えばいいかな。
たとえば商品の取説、インターネットの買い物、英語で書かれてることが増えてます。
場合によっては、英語のみもあります。
会社(地方の中小企業です)では普通に外国の人がいます。
その人たちが日本語を話してくれてるけど、彼らは英語も喋れます。

・・・やばい。
このままでは、非常にまずい。

正直な私の感想です。

子供と英語のDVDを見たり、絵本を読んだりはしてるけどそれだけでは追いつかない・・・。
要対策ですね。
とりあえず、ToDoリストと生活ノートをつけようと思います。
自分をしっかりとらえることと向き合わないといけないなぁと感じさせられました。





商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

人生にとって意味のある勉強法 [ 陰山英男 ]
価格:820円(税込、送料無料) (2016/8/25時点)







子どもの学力に不安を感じたときに読む本

タイトル:子どもの学力に不安を感じたときに読む本
作者:陰山 英男
出版社:小学館
MY HIT:●●●●○




怒涛のお盆が終了~。
そんなに親戚付き合いがあるわけでもないのですが、普段のリズムとはちがうってだけで、結構くたくたです。

昨日やっと本を読むことができました。

「子どもの学力に不安を感じたときに読む本」
正直当家、3歳と0歳の子供なので学力って、まだまだ先の話なのはわかってます。
でも、昨日と今日と明日が繋がってるように、卒園と入学だって生きてる本人にしたら繋がってる毎日の中の節目にすぎないわけで・・・。
「今日から小学生よ、勉強も手伝いもぜーんぶしっかりがんばってね」というわけには、・・・ならないよね。
せめて、親の私が予備知識を仕込むぐらいはしておこうかと、この本を図書館で借りてみました。

私が気になったのは、以下箇条書き。(文書力なくてすいません)

①百ます計算

計算が苦手で、中学生の時に恩師ともいえる数学の先生に出会うまでは成績さっぱりだった私・・・。
陰山先生の徹底反復の方針と私の恩師の教育方針がとても似ているので、縁って不思議だなぁと思ってしまいます。
私、小学生時代ずっーーと、算数が苦手でした。
中学1年の時の数学担当の先生の出す宿題の多さにひっくり返りました。
ですが、ひっくりかえって許してくれるような先生ではありませんでした。
宿題ノートの提出、毎回ミニテスト。テストができなかった生徒の名前は黒板に書き出し、できるようになるまで黒板に残されるという思春期の生徒には酷な対応。
やりました、必死こいて数学しました。泣きながら・・・。
・・・不思議。
気づいたら、数学が得意になり、好きになってました。
そこで気がついたんです。

「できなかった」ではなくて「やってなかった」ってことに。

数学の成績云々ではなく、そのことに気がつかせてくれたから、私にとってこの数学の先生は「恩師」なんです。

そんな先生に出会えた私は本当にめぐまれてるなぁと、思います。だってできない生徒がいたら自業自得で放っておいて、授業を進めていくことができたんですから。

っと、話がそれちゃった。


でもまぁ、そんな俄か数学好きの私も、高校になると授業についていけなくなりました。
理由は明確。
ひとえに、計算の遅さ、不正確さが原因。
いまでも苦労してます。

小学校時の算数をなめてると、一生かかってつけを負うことになります。
ここは、憎まれても親としてしっかりみておくべきポイントのような気がしてます。


②漢字の前倒し学習

一学期の前半に、その学年で習う漢字を前倒しで詰め込むという方法。
生徒に覚えないといけない漢字の量を最初に示してから始めるのがポイントかな。

ゴールを設定することって、大切だな~と私も共感・・・。
毎日毎日チビチビ知らん漢字をいつ果てるともなく覚えるより、最初にダッシュで覚えたほうが絶対効率がいいと思うし、ヤル気もでるわな・・。あとはこま目に復習して忘れないようにすればいいんだし・・。
この方法大賛成!
まだまだ、ひらがなすら覚えてない小桃ですが、年中ぐらいになったらひらがな、かたかなをボトボチ教えようかな・・・。
年長で漢字を覚え始めれば、漢字の覚え方をみつけるのに時間をかけても焦らなくていいしな。

しかし、毎日の読み聞かせが楽しいので、なかなか字を教える気になれないなぁ~。
もっとどっぷり、絵と音の絵本の世界に浸らせてあげたい・・・。
どうしようかしら、まぁ、結局は本人しだいなんだけどね。

③「がんばれ」の効用

「こどもはもともとがんばり屋さんであり、周囲の期待に応えたいと思っている」の一文に、目から鱗。
ついつい「がんばれ~」を気軽に言ってた自分に、拳骨を落としたくなりました。

大切なのは、「がんばってもできない」→「やればできる」への意識のチェンジ。

じっくり子供をみて、どこに躓いてるのかを見極めて適切な助言をすることが大切だそうです。
今日から、「がんばれ私」だな。

④三つの決まりごと

「怠けてはいけない」・・・宿題や手伝い等、決めたことをやりとおすようにするための言葉
「傷つけてはいけない」・・・体や心、物や人、対人対物の基本
「嘘をついてはいけない」・・・上記二つの約束を守らせるための対策。できなかった時に人に自分に嘘をついてたら成長は止まってしまいます。

親も子も約束がシンプルだとやりやすい。大人になっても体に染み込ませたい決まりごとだなぁと感動。


⑤早寝早起き朝ごはん

生活習慣がどれだけ大切かということが、書かれてました。
わかってます、よくよくわかってます。(;_;)

でも正直なかなか実践できてない・・・・。

とりあえず朝食をごはんに変えました。
もともとパンにそこまで執着のない小桃。私がパンを食べてたので、その延長でパン食でした。
でも、産後太りが解消されず・・・・。
とりあえずご飯にしてみました。
生活のほうはちょっとづつ、改善していきたいと思います。

他にも教科ごとに、こうすると子供が自分から興味をもって積極的に勉強してくれるよ~ていう具体的な話がいろいろあって面白かったです。

久々の更新ができてちょっとホッとしました。





商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

子どもの学力に不安を感じたときに読む本 [ 陰山英男 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2016/8/17時点)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。