杏色の空
私(杏)と長女3歳(小桃)次女0歳(小梅)の読書・雑記になります。

わんぱくだんのどろんこおうこく

タイトル:わんぱくだんのどろんこおうこく
作者:ゆきの ゆみこ (著), 上野 与志 (著), 末崎 茂樹 (イラスト)
出版社:ひさかたチャイルド
MY HIT:●●●●○

感想


小桃大好き、わんぱくだんシリーズ。

どろんこまみれの三人が飛び込んだ世界は、どろんこおうこく。
中世のおしろに、王様、お妃さま、悪大臣。

小桃のトキメキボタンを、これでもかとついてきます。
とどめは、かわいいおひめさまの登場。

もう、小桃、完全に「どろんこおうこく」にトリップしてます。

お話も絵も人を引き込むのがとても上手なこのシリーズ。

今回は、「どろんこおうこく」が舞台なだけあって色味が地味です。笑
それでも、子供たちの瞳の強さは健在。
とてもたのしく読むことができました。




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

わんぱくだんのどろんこおうこく [ ゆきのゆみこ ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2016/11/17時点)


スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://anzuiro47.blog129.fc2.com/tb.php/90-e553db6a