杏色の空
私(杏)と長女3歳(小桃)次女0歳(小梅)の読書・雑記になります。

みにくい ことりの子

タイトル:みにくいことりの子
作者:イザベル ボナモー
出版社:あすなろ書房
MY HIT:●●●●○

感想

作りかけの巣に大きな卵が産み落とされます。
小鳥の夫婦は自分の子供としてその卵から生まれた子を育て仲間も見守りますが、ロジェと名付けられた子は大きくなるにつれ他の小鳥とのちがいが明らかになってきます。

歌もうたえない、羽ばたくこともできない、口をひらけば尖った歯がいっぱい・・・・。

親鳥たちはびっくりしてロジェと遊んではいけないと、小鳥たちに命じます。

ふた親は「気にしない、なにがあってもおまえは僕の子だよ」と寄り添います。

そして訪れる嵐の夜。

ロジェは自分が何かを知り、仲間の小鳥たちを勇気と知恵をもって助けます。

こうやってあらすじをかきだすと重いテーマのように感じるかもしれませんが、キュートな絵と、テンポのよいストーリーが楽しませてくれる絵本です。

特にイラストが・・・・。もうかわいい!!そして面白い!!
嵐の夜さめざめと泣いているロジェと両親の小鳥の絵や、アーンと口をあけているワニの絵なんて最高です。ユーモアにあふれてるなぁって思います。

みんなと違う自分。そんな自分を見守り愛する血の繋がらない親。

ぶつかるけど、認め合い共存していく社会。

国籍で判断してはいけないかもしれないけど、ベルギー出身の作家さんらしい絵本だなぁと思いました。

私もそうなんですが、日本って「和」を大切にしますよね。ぶつからないように空気をよんで和やかに日々を過ごす・・・っていう。
もちろんそれは大切なことだし、空気読めない人が身近にいたりしたら正直イラッてしてしまうんだけど・・・。

でもこれからの社会、ぶつかったあと「和」を築いていくことができる力、寛容さが求められていくんじゃないかな・・・。そんな感想を抱かせてくれた絵本でした。

図書館でこの絵本を引っ張り出してきてくれた小桃に感謝。

それにしてもおしゃれなイラストです。英語版買って飾っておきたいなぁ・・・。



スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://anzuiro47.blog129.fc2.com/tb.php/52-8055466f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。