杏色の空
私(杏)と長女3歳(小桃)次女0歳(小梅)の読書・雑記になります。

おおきなかぶ

タイトル:おおきなかぶ
作者:内田 内田 莉莎子
出版社:
MY HIT:●●●●●

感想

表紙にはおおきな蕪を抱えてうれしそうな、おじいさん、おばあさん、孫、犬、猫、ネズミ。
こんな大きな蕪、いったいどうやってとったのかしら。

知らない人はいないと思われる古典的名作絵本。

何度か子供に読んだ後、「うんとこしょ、どっこいしょ」をいっしょに声をだして何度も遊びました。
それがあきたら、ギッコンバッタンの姿勢をとって、こどもといっしょに「うんとこしょ、どっこいしょ」
各ページのおじいさんやおばあさんに、セリフをおもいつくまま勝手につけくわえたり、家にある犬や猫のぬいぐるみをつれてきたり、本当に楽しめる本です。

最後には表紙を広げて家路に就くみんなを見せて、「こんな大きな蕪、どうしよう?」と子供にきいてみます。うれしそうに「ごはん!」「お料理!」と瞳キラキラで答えてくれるので、「明日も読~もう」と思ってしまいます。
もう何度読んだかわからない絵本です。

対象年齢3歳になってるけど、1歳からでも全然OK。




スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://anzuiro47.blog129.fc2.com/tb.php/45-0f14c966
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。