杏色の空
私(杏)と長女3歳(小桃)次女0歳(小梅)の読書・雑記になります。

どんぐりむらのおまわりさん

タイトル:どんぐりむらのおまわりさん
作者:なかや みわ
出版社:学研教育出版
MY HIT:●●●○○

感想

以前から家にある、どんぐりむらのぱんやさんと同シリーズの作品。
おまわりさんにあこがれる子供どんぐりがおじいさんの杖を見つけようと奮闘します。
どんぐりが主役で、絵もかわいいのでもっとファンタスティックな絵本かと思いきや、結構現実的な絵本です。

だからでしょうか、小桃、じっくりみてます。話に入り込むというより、観察する感じ。細かいところまで書き込まれているの絵なので、親の私は素通りするようなことでも、質問してきます。

正直、結構長い話なので、質問までされたら、(終わらない・・・・)となってしまうので、この本を手に取ったら、じっくり図鑑でも読む気持ちで臨んだほうがいいように思います。

なかやみわさんの絵本って、同じシリーズでも文字量が一冊づつかなりちがうので、寝る前に手に取る時は要注意。

でも、かわいいからついつい手が吸い寄せられちゃうんだよなぁ~。




スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://anzuiro47.blog129.fc2.com/tb.php/44-ca8006e3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。