杏色の空
私(杏)と長女3歳(小桃)次女0歳(小梅)の読書・雑記になります。

こどものとも年中向き 2015年 09月号

タイトル:カタツムリにげた(こどもとも年中向き)
作者:三輪 一雄
出版社:福音館書店
MY HIT:●●●○○

感想

昨日は産後本当に久しぶりに本屋さんに行きました。

満喫です。

やっぱり本屋さんはいいですね。
ネットで目当ての本をさがすのはもちろん楽しいのですが、偶然出会える楽しみが本屋さんにはある気がします。

「村上水軍の娘」や「インフェルノ」が文庫になってたり、おいしそうな料理本がでていたり。
「ぺんぎんたいそう」という私の笑いの的をクリーンヒットする絵本が出てたりと。異常に楽しかった・・・・。


そんな中選んだ一冊です。

カタツムリにげた(こどものとも年中向け)。
水槽の蓋を閉め忘れた翌朝。
カタツムリは這った跡だけ残して消えてしまいます。跡を辿れば見つけられるとお母さんはいうけれど・・・。
さてにげたカタツムリ。
見つけることができるかなぁ?

ほとんどが、主人公の男子の独り言で話が進んでいきます。

今保育園でカタツムリを飼っている小桃は興味津津、目はくぎ付け、結局一晩で三回も読む羽目になりました。あぁ、咽が痛い・・・。 

でも、自分が選んだ本を気に入ってくれると、私はいつも心の中でガッツポーズ。

うれいいのよ~。
この瞬間がシ・ア・ワ・セ。

お手頃価格&本棚で場所をとらないのもこのシシリーズのいいところ。

また本屋にいきたいな~。




Amazonさんだと、高野けい子 作 花房葉子 絵 (著)になってますが、手元の私の本は三輪一雄さんです。

ちなみに、これ読みたいの本。












スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://anzuiro47.blog129.fc2.com/tb.php/42-0b710649
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。