杏色の空
私(杏)と長女3歳(小桃)次女0歳(小梅)の読書・雑記になります。

桜と世界選手権

本日は曇り、時々晴れという天気でした。
なので杏は、カメラ片手にぶらぶら近所を散策。

街中に住んでるので、自然がいっぱいというわけではありません。

が、川を沿うように桜や、木蓮、椿などが植えられてるので、心を慰めてくれる自然との距離は意外に近く、冬将軍の蹄の音が確実に遠ざかっていることを、肌で感じることのできる一日でした。
そして家々と黒のアスファルトの道路の間で小さく工夫されて育てられてる緑にも、目を細めさせていただきました。

色や大きさが様々なパンジーや、ノースポール、ヒヤシンスさらには美しい紅色の海棠。

う~ん、「い・や・し」です。

育てられてる方の、やさしさが伝わってきます。
ありがとうございます。

せっかく写真を撮ったので、アップしようと思ってたのですが取り込むのがうまくいかないのでまた後日にしますね。

(4/7アップします)

003.jpg



そして夜は、世界選手権。

感動しました~!!!!

真央ちゃんの完璧な「鐘」の演技には鳥肌が立ちました。

もっと加点があってもいいと思うぐらい、いい演技でした。

「表現」=女(少女、妖艶さ、もしくは映画や歌劇のなかでの既存のヒロイン)っていうのがセオリーになってる感のある女子フィギュアの中では、異色の演技だとは思うのですが、私は好きです。(もちろんキム・ヨナ選手のSPも大好きですよ)

真央ちゃんお疲れ様です。ゆっくり休んでくださいね。

そして来シーズン

どんなプログラムでしょうか。今から楽しみです。







スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://anzuiro47.blog129.fc2.com/tb.php/4-743af658