杏色の空
私(杏)と長女3歳(小桃)次女0歳(小梅)の読書・雑記になります。

めっきらもっきら どおん どん

タイトル:めっきらもっきら どおん どん
作者:長谷川 摂子
出版社:福音館書店
MY HIT:●●●●●

感想

初めて手に取った長谷川摂子さんの本。
「めっきらもっきら・・・」に代表されるように、語感がとてもいい。音読していてとても気持ちの良くなる本です。
主人公のかんたは、妖怪3人と遊ぶことになるんだけど、このうち二人が形は大人なのに、心はがきんちょ。
これって、こどもの潜在的な願望なのかな?子供って大人と遊ぶ時、おままごとでもなんでも、子供同士で遊ぶのとはちょっと違う表情をしますよね。
ふりや ななさんの絵もとても素敵です。
ぜひ、繰り返し読んでほしい本です。




スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://anzuiro47.blog129.fc2.com/tb.php/37-a05ec0ff
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。