杏色の空
私(杏)と長女3歳(小桃)次女0歳(小梅)の読書・雑記になります。

すてきな三にんぐみ

タイトル:すてきな三にんぐみ
作者:トミー・アンゲラー
出版社:偕成社
MY HIT:●●●●●

感想

「あらわれでたのは、くろマントに、くろいぼうしのさんにんぐみ。」
「さて、あるすみをながしたような、よるのこと」
などなど、かっこいい文章がザックザク。

絵本って、ぐりとぐらのような癒し系とはべつにこういうかっこいい系統もあるからすごい。
うちの子の場合、ぐりぐらのような癒し系もすきだけど、食い入るようにみるのは、ちょっとこわい・・・、ちょっとかっこいい・・、という絵本。
読み手の私もちょっとなりきって読んでしまうので、なんだか読んだ後の達成感がすごいのです。

おすすめです。








スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://anzuiro47.blog129.fc2.com/tb.php/30-0207c30c