杏色の空
私(杏)と長女3歳(小桃)次女0歳(小梅)の読書・雑記になります。

いちご

タイトル:いちご
作者:平山 和子
出版社:福音館書店
MY HIT:●●●○○

感想

見開きの左に黒字で人の問いかけ「はやく あたたかく ならないかな」。右に赤字で、いちごの答え「はやく あたたかく ならないかな」。
こんな感じで話が進んでいきます。
絵はすばらしくきれいだし、いちごがどのように成長して食卓にのぼるかを、子供が絵本を通して感じられるのはとてもすばらしい。

じゃあなんで、●みっつなの??ってことですが、これは私の力量不足・・・。
文章がシンプルすぎて、人といちごの役を子供に分かるように読み分けるのが難しい・・・。
あからさまな、悪役、正義の味方だと読みわけも楽なんだけどねぇ・・。

でも、いい絵本ですよ。子供が絵に吸いつくように見てました。



スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://anzuiro47.blog129.fc2.com/tb.php/27-69e1875d