杏色の空
私(杏)と長女3歳(小桃)次女0歳(小梅)の読書・雑記になります。

かがくのとも 2016年 04 月号 にわのキアゲハ

タイトル:かがくのとも 2016年 04 月号 にわのキアゲハ
作者:岩渕真理
MY HIT:●●●●○

感想

虫好きの小桃。
しかも蝶。
やっぱり、じーーっとみてました。

そして「なんで?」「なんで?」を本をさし連発。

でも、でも・・・・・。
私は、虫がきらいなんだ~!!正視できん!

内容も絵も、すごくいいのはわかります。

38個のキアゲハの卵は最終ページで1個だけが生き残り、蝶になります。
途中いろいろな虫に食べられたりするからです。

自然って厳しいなぁ・・・・。
NHKのダーヴィンのエンディングが耳の奥でこだましてます。

それにしても、絵がリアル・・・・。
いつもなら本をめくりながらこの感想を書くのですが、今日は無理・・・。
絵本は少し遠くにおいてあります。
作者さんごめんなさい。
子供は必死でみてるのでそれでチャラにしてください・・・。


それにしても、いったいいつからこんな虫嫌いになったんだろ、私。
うろ覚えだけど、むかーしのジャポニカ学習帳の写真がリアルでじっと見すぎて、気持ちが悪くなったのだけは覚えてます。

小桃も小梅もいつか虫嫌いになるのかな?
どうなんだろう?

経験者の方、いらしたら教えてください~。




スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://anzuiro47.blog129.fc2.com/tb.php/111-60f69b3b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。