杏色の空
私(杏)と長女3歳(小桃)次女0歳(小梅)の読書・雑記になります。

世界名作アニメ絵本

最近本屋さんに行くことがめっきり少なくなりました。
(だってAmazonさんや楽天さんでいろんな本が買えるんだもの・・)

でも、本屋さんのレジ横にある正方形の小ぶりな絵本がここのところ我が家の絵本ブームです。
それは、BookOffさんで何冊か購入したから。

永岡書店さんのこのシリーズ乙女心をくすぐる”お姫様” ”王子様” ”魔法使い”のキーワードが目白押しです。
絵も構成もよくできてるなぁと、読んであげながら感心します。

ちなみに今回購入したのは、「ゆきばらとべにばら (世界名作アニメ絵本 (21)」「赤いくつ (世界名作アニメ絵本 (14)」「はくちょうのみずうみ―チャイコフスキー・バレエ組曲より (世界名作アニメ絵本 (15)」「あくまと三人のむすめ (世界名作アニメ絵本 (32)」「三日月王とわがままひめ (世界名作アニメ絵本 (33)」「はくちょうとおひめさま (世界名作アニメ絵本 (27)」「ゆきばらとべにばら (世界名作アニメ絵本 (21)」です。

小桃は、「ゆきばらとべにばら」 にでてくる、王子様。私は、「はくちょうとおひめさま」にでてくる王様が好み・・・。
このふたりの共通点は、イケメンで優しそうなところ。
4歳児も40歳も基本的なところは、変わらないのかもしれないですね・・・。
きっと今日も、王子様で絵本読みも盛り上がる事でしょうね。

それにしてもこの世界名作のほうはどんどん新しい本がでてるみたいですね。
日本名作の方ももっといろいろ幅を広げてほしいです。
古事記とか伊勢物語、堤中納言物語、今昔物語、ねたはたくさんあるんだし・・・。
日本のファンタジーも全然世界に負けてないのでせひお願いしたいものです。

永岡書店さんよろしく、よろしく、お願いいたします~。












スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://anzuiro47.blog129.fc2.com/tb.php/106-38922199
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。