杏色の空
私(杏)と長女3歳(小桃)次女0歳(小梅)の読書・雑記になります。

どろんこハリー (世界傑作絵本シリーズ)

タイトル:どろんこハリー (世界傑作絵本シリーズ)
作者:ジーン・ジオン (著), マーガレット・ブロイ・グレアム (イラスト), わたなべ しげお (翻訳)
MY HIT:●●●●○

感想

ラボ教材の中に入っていたので、まずは日本語でざっと読んでみたく、図書館で借りてみました。

絵がおしゃれでかわいいこと!

おはなしもとてもシンプルで、いたずら心が溢れています。

いろいろなところで遊んで真っ黒になったハリー。
家族に(汚れすぎて)自分と認識してもらえないハリー。
お風呂に入ってきれいになって、ハグされてうれしいハリー。
そして安心して、お昼寝するハリー。

ハリーの行動と、心の動きが絵と文章からわかりやすく伝わってきて、気がつけば大人も子供も絵本の中に入り込んで楽しんでしまいます。

文章のボリュームも朝でも夜でもいつでもOK、ちょうどよい感じです。

ついつい

「どろんこハリー、読む?」

と誘導尋問してしまう私なのでした。





スポンサーサイト