杏色の空
私(杏)と長女3歳(小桃)次女0歳(小梅)の読書・雑記になります。

ガンピーさんのふなあそび

タイトル:ガンピーさんのふなあそび
作者:ジョン・バーニンガム (著), 光吉 夏弥 (翻訳)
MY HIT:●●●●○

感想

ラボ教育センターシリーズ。
このセットに入ってなかったら、知らないまま過ごしてたんだろうなぁ、この絵本に出会えてよかったなぁ、という絵本の中の一冊です。

つぶらな瞳のガンピーさん。
家の横に流れる川に一艘の小船を浮かべ、漕ぎだします。

子供を筆頭に、次々に現れる動物が「のってもいいですか?」と尋ねます。

すると、ガンピーさん。
「いいとも、○○さえしなけりゃね」と答えます。
○○の中は、その動物たちが退屈になった絶対にやってしまうこと。
こどもだったら”けんか”。
うさぎだったら”ぴょんぴょんとびはねる”。
にわとりだったら”はねをぱたぱた”。

時間が経つにつれ舟は満杯、みんなは退屈。
そして大騒ぎ。
舟はみごとにひっくりかえり、みんなびちゃびちゃ。

でも大丈夫。

お日様にあたって、野原をよこぎって、みんなでお茶をして、無事帰途につきます。

最後のガンピーさんの一言が明日に続くようでとてもいいです。

「じゃ、さようなら」
「またいつか、のりにおいでよ」

ね、いいでしょ。

そしてこの絵本、舟に乗ってる人たちを描くときはモノクロで、舟に声をかける動物はカラーで描かれています。

それはそのまま、舟に乗ってる人たちの感覚のような気がします。

外の移り変わる景色だけがカラーを持っていて、輝いていて、その世界に夢中になってる間は自分の存在は限りなく無にちかいというか、なんというか。

まるで、自分も舟に揺られ、光と遊ぶようなそんな感覚に囚われる絵本です。

もちろん、ラボの朗読もいいですよ。
面白いです。
今朝も子供を起こして読もうかな。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。