杏色の空
私(杏)と長女3歳(小桃)次女0歳(小梅)の読書・雑記になります。

ちいさなヒッポ

先日yahooオークションで、ラボ教育センターの絵本&CDのセットを購入しました。
やっぱり、英語が堪能でない身としてはとてもありがたい。
絵本のセレクトも、朗読もとてもよいので小桃と一緒に聞き入ってます。

ただね・・・・、やっぱり日本語だけで読んでいる時の方がより深く本に入り込んでる感じがします。
それは、そうですよね。
本来、ふたつの言語を交互に読むって、自然のことではないんだから。

それで、図書館で日本語の絵本を借りて日本語だけで読んでから、時間をあけてCDを流してみました。
寝起きで寝ぼけていた小桃。
CDが流れてしばらく経つと、はっと目を覚まし「あっ!!ヒッポ!」と一言。
じーーっと聞いてました。

今回はそんな絵本の中の一つを感想に上げてみました。



タイトル:ちいさなヒッポ (世界の絵本)
作者:マーシャ=ブラウン (著), うちだ りさこ (翻訳)
MY HIT:●●●●○

感想

絵と色がとてもきれい。
生まれてからずっとお母さんといっしょの子カバのヒッポ。
ヒッポが言葉を覚えるときがやってきました。

「グァオ こんにちは」
「グァオ たすけて」
「グァオ きみはだれ」

という感じで、おかあさんは最初にグァオということがとても大切だとヒッポに教えます。

不思議だなぁ、と思ってると・・・・。

ヒッポは一人でいるところを、ワニに襲われ、声もでません。

やっとしぼりだしたのは・・・。

そう。

「グッ グッ グァオ! たすけて!」

この後、お母さんが飛んできて、ワニを振り飛ばします。
(ここかなり躍動感のある絵です)

ヒッポは助かります。

ここへきて、私も納得。

何かあった時、大きい声を一番出しやすいフレーズで何度も何度も練習しておくと、声さえお母さんの耳に届けば、お母さんはヒッポを助けることができるんだと。

母の愛と知恵、深し。












スポンサーサイト

Choo Choo


タイトル:Choo Choo
作者:Petr Horacek
MY HIT:●●●●○

感想

作者の方の絵が好きでAmazonで買った絵本。
子供を膝に乗せて遊び読みが、できそうだとワクワクして本を開きました。

が、

あぁ、哀しや、英語がわからん・・・・。

といっても全く分からないわけではなく、汽車の音のちがいというかニュアンスが分からないので、いまいち楽しめきれず・・・。

ここは一念発起して、Weblioさんの翻訳機能を使って調べてみました。


choo, choo (汽車)ポッポ

puff.puff シュッシュッポッポ

clack,clack カチッ、カチッ

rumble,rumble ゴトゴト 地響き

toot,toot クラクション、クラクション

chuff,chuff シュッシュッポッポ


たかが汽車、されど汽車。

こんなにちがいがあるなんてびっくりです。
これを受験のさなかに覚えろと言われたら、けっこう腹が立ちそう。
子供のうちから、ちょっとずつちょっとずつ、楽しい思い出と一緒に語彙が増えていったらいいなぁと思いました。
そして私も明日から、汽車ごっこで思い切り遊べそうです。
もっとはやく調べればよかった。
アハハハ・・・。


だいくとおにろく

タイトル:だいくとおにろく
作者:松居 直 (著), 赤羽 末吉 (イラスト)
MY HIT:●●●●●

感想

小桃の保育園で節分前に読んでいたらしく、珍しく図書館で「これをおうちでも読みたいよ~」と持ってきた一冊。

以前にも家で読んだような気はするものの、忘れられているらしい・・・。

でわでわ、気を取り直してもう一度読もうかな~♪

流れの速い川に橋を架けることになった大工さん。
安請け合いして、川を見に行くとあまりの流れの速さに目が点・・。
困ってると、鬼が現れて「橋をかけてやるから、目玉をよこせ!」とひとこと。
仕事がいくら大事でも、ちょっと目玉は困るのに、しかも相手は鬼なのに・・・。

ふつう、即、断るはず。

が、

おれは、どうでもよい」って、大工さん!!

相手は人智を超える相手。

あっという間に、橋はできあがり・・・。

「さあ、めだまぁ よこせっ」

「たのむ。まってくれ」

「そんなら、おれのなまえをあてれば、ゆるしてやってもええぞ」

そんなやりとりのあと、大工は森に逃げ込み、鬼の名前を知ることになります。

このあとの鬼と大工のやり取りの面白いこと!
文章も絵も最高です。
見開きで、モノクロとカラーのページが交互になってるところも、本全体にいいリズムを付けているように思います。

この思慮深くない、飄々とした大工さん、面白いわ~。

生き生きとして、でも少し芝居がかった強調された表情の大工とおにろく。

どこか狂言を思い起こさせるものがあります。
さぞや、日本の伝統に精通した日本画家のかたなのかと思ったら、東京生まれの満州育ちの方で、絵は全くの独学だそうです。

すごすぎる・・・。

スーホーの白い馬もこの方が描かれてるんですね~。
あの絵本も、切なくていいのよね・・・。

またまた違う絵本が読みたくなった私でした。