杏色の空
私(杏)と長女3歳(小桃)次女0歳(小梅)の読書・雑記になります。

おつきさんどうしたの (岩波の子どもの本)

タイトル:おつきさんどうしたの (岩波の子どもの本)
作者:エドナ・ミッチェル プレストン (著), バーバラ クーニー (イラスト), 岸田 衿子 (翻訳)
MY HIT:●●●○○

感想

レトロな絵がとてもかわいいです。
文章も韻をふんでいて、とてもきれい。
マザーグースがこんな感じだったかな。

お母さんアヒルの言うことを聞かないで、夜の散歩にでかけた一羽のアヒル。
キツネに食べられそうになりながらも、なんとか生還します。

最後のページのお母さんの表情がほんと面白い。
わたしもきっとこんな顔をしておこってるんだろうなぁ~。

内容うんぬんではなく、ただただ文章の美しさを堪能してほしい一冊です。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。