杏色の空
私(杏)と長女3歳(小桃)次女0歳(小梅)の読書・雑記になります。

犬になった王子――チベットの民話

タイトル:犬になった王子――チベットの民話
作者:君島 久子 (著), 後藤 仁 (イラスト)
出版社:岩波書店
MY HIT:●●●●○


これまた図書館で見つけた絵本です。

イケメンの男性と、美少女がエキゾチックな衣装をまとって風を受けてる表紙に惹かれ手にとりました。

昔、昔。
正義感にあふれる王子が穀物の種を蛇王のところに取りに行くが、犬に変えられてしまいます。
でも、少女の愛が王子をもとの人間に戻すというシンプルなお話。

私が気になったのは、王子が蛇王のところに向かう間、部下が次々と死ぬのに王子は振り向きもせず前に向かっていく1ページ。
・・・この王子様、正義感はあるけど人としてどうなの??と思ってしまいました。

この後、犬になって王子様は苦労するけど、それは人として必要な経験だったのではないのかな。
この犬になってる間に、王子としてでなく人間として必要なものを王子は学んだのではないかしら。

勇敢ではないけれど、身を身を削る娘のひたむきな愛情が、この絵本の中には溢れているように感じます。

とても素敵な物語です。

ちなみに小桃にはまだ少し難しかったかな。
よくわかってない感じでした。笑




スポンサーサイト