杏色の空
私(杏)と長女3歳(小桃)次女0歳(小梅)の読書・雑記になります。

霖雨

タイトル:霖雨
作者:葉室 麟
出版社:PHP研究所
MY HIT:●●○○○

感想


広瀬淡窓とその弟久兵衛を軸とした小説。

新聞の下のほうにある広告で目にとめてからいつか読んでみたいなぁと思ってたので、図書館の棚にあったのを迷わずゲットしました。

読後感想としては・・・・。

広瀬淡窓っていう人物の魅力が、とてもとても小説向きでないこと。(;д;)

雨が止むのを待つがごとく、ひたすらお上の嫌がらせともいえる干渉に耐え忍び、塾を経営していくのだが、実務は弟久兵衛に依存しっぱなし。

ーー正直、日常の生活に追われる身としては、「いい身分だなぁ~」と思ってしまう。

すぐ結果が求められる世の中にあって、すぐに結果を出さない教育というものに携わる人物を主人公に据えるのって難しいよなぁ。
それでも、この人を描きたいと思った作者。
それはやはり世の中に小説を通して何か言いたいことがあるのだろうなぁ、と思う。

しかし、しかしだ。

やっぱりこの人を主人公にするのはどうかなぁ、と首をひねってしまう。
まだ世事にあくせくする久兵衛を主人公にして、スパイスとして広瀬淡窓を登場させるほうがよくなかったか?
そのほうが、読者の共感を得やすいように思えるけど・・。
主人公にするならするで、霖雨に耐えて雨があがるところで小説を終わらせるのでなくて、上がったあともしっかり書いてほしい。
耐えるところだけ書かれても、言いたいことはわかるけど、胸に熱いものが迫ってこない・・・。

そして塾に現れたわけあり男女の書き方も??
あきらかに物語に色を付けるためだけに加えられた感がいっぱい・・。
未熟な男に、過去があるいい女。
しかも女は、実に主人公達にとって都合よく動いて、最後は男をつれて消えてしまう。
正直この女性には何にも共感しなかった・・。

うぅ~じつに「おしい」。
あともうひと手間、一ひねりですごく感動できそうだったのに・・・!

では、なにも心に引っかからなかったかというとそんなことはないんですよ。

まず、文中によくでててくる漢詩は、分かりやすく解説もしてあって凄くよかった。

そして、次の一文。

ひとは生まれながらにして徳を備えてるいるわけではない、と淡窓は考えた。様々にかけたところがあるのを埋めるように、目指すものに向かって努力を怠りなく続けることができて、初めて人は真価を発揮できる。その努力を粘り強く見守ることが、人を教えるということだと思い至った。

これには、感動した。
ここが作者の一番言いたかったところなのだろうなぁと、私は勝手に解釈しました。

子供を育てながら、自分を育てながら、必要なのは・・・・、ズバリ、「根気」だと私は思う。
あと、明るさ。(*^_^*)

教育者は親ではないけど、見守る=教える、ってことを分かってる人のことをいうのかな。
理想論かもしれないけど、大切なことだと思います。

まぁ、徒然にいろいろ書きましたが、葉室麟さんの本、また他のものも読んでみたいと思います。

何かを伝えようとする気概を感じることのできる一冊でした。





[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

霖雨 [ 葉室麟 ]
価格:799円(税込、送料無料) (2016/10/8時点)



スポンサーサイト

Room on the Broom

タイトル:Room on the Broom
作者:Julia Donaldson
出版社:Puffin Books
MY HIT:●●●●○

感想

ほうきにのった魔女は次々に落し物をしては、拾ってくれた動物たちに請われるままほうきに乗せてやります。
そしてついに定員オーバー。
真っ二つに割れたほうきと魔女はドラゴンに食べられそうになるのですが、機転をきかせた動物たちに助けられます。
そして、魔法を使ってみんなの乗れる素敵な箒が出来上がります。

シンプルな話しながら、リズムも展開も快活で、読んでいてとても楽しくなる本です。
YOUTUBEで朗読している動画をみつけて読み方を覚えた後、子供に読んでました。

でも・・・・、やっぱり、発音むずかしい!

結局CD買いました・・・。

感想はというと、最初から買えばよかったです。

余裕のない拙い朗読より、小桃はるかに楽しそうです。
そして、わたしもラクチンです。
絵本を楽しむことができます。
「今日もよもうかな~」って思えるのは、英語絵本の読み聞かせにおいては結構重要ポイント。
親も楽しめないと、続かないし、続かなかったら、習慣にならない、習慣にならなかったら、身につかない、そんな気がします。

ドラゴンが去っていくシーンなんて、ほんとかわいいですよ。
蠅のように小さくなって去っていきます。笑




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ROOM ON THE BROOM(BB) [ JULIA/SHEFFLER DONALDSON, AXEL ]
価格:1088円(税込、送料無料) (2016/9/28時点)

















英語の勉強

おはようございます~。

小梅がだいたいAM2~4時のあいだにミルクを欲しがって泣くので、授乳のため起きてそのまま朝を迎えてます。

計らずも、朝活中。

まぁ、もともと朝型人間なので何の不満もなく、というか朝一人で静かな中ゴソゴソするのって、、至福。

前々からやりたかった英語の勉強を本格的に始めました。
ロゼッタストーンのTOTALe Basic。

これいいですよ~。

正直ペン持ってやるより、パソコンのタイピングのほうが今の私の生活にあってるというか、ハードルが低いというか、気軽に勉強できます。
はじめてまだ少しですが、「girl」のrlの発音ができないなど・・・。
色々越えなきゃいけない壁が多そうですが、勉強の始まりってできないことが輝いて見えるから、楽しいんだよね。

ジャザサイズに英語と二つの新しいことを始めて、毎日に少し張りが出てきました。
この背筋が伸びる感じ、この感覚を長期に渡って維持できるといいな。

毎日コツコツ続けて、もっと子供と英語絵本を楽しめたら最高だな。

・・・・この前も「これ読んで~」ともってきたアヒルの英語絵本読んであげれなかったし。

がんばれ、自分!

でてこい でてこい

タイトル:でてこいでてこい (0.1.2.えほん)
作者:はやし あきこ
出版社:福音館書店
MY HIT:●●●●○

感想


これまた図書館で借りた本です。
だいたいにして、小梅用の絵本を選ぶときは図書館の一角にある福音館の「0.1.2.えほん」の棚のところからゴソッと4~5冊選んできます。
内容や絵は、ほぼノールック。


子供と遊ぶのが得意ではないので、よく絵本をツールとして子供と遊んでます。
この絵本の凄いところは4歳になろうという上の娘も気に入ってるとこです。

3人でよく笑いながら読んでます。
内容的にはシンプル。

最初の見開きで「だれか かくれてるよ でてこい でてこい」、の文に緑の葉っぱの絵。
ページをめくって「げこ げこ げこ」、葉っぱからカエルの飛び出す絵。

色や動物が変わっていきますが、このパターンの繰り返しです。

我が家がどうやってあそんでいるかというと・・・・・。

私:「だれか かくれてるよ」

小桃:「でてこい でてこい」 絵本をノックしたり、くすぐったりします。

小桃:「げこ げこ げこ かえるさん~」「イェーイ」

て、いう感じです。

小梅:笑って見てるだけ・・・・。

ひたすら平和な日常のひとコマです。
まぁ、数分後に急展開して悪夢のような時間になったりすることもありますがね・・・。

それでも、小梅本が好きなのかな。
よくかってにとっては倒したりしてます。

いつか三人で絵本や小説談義ができる日が来るといいなぁと夢見ている私であります。




商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

でてこいでてこい [ 林明子 ]
価格:864円(税込、送料無料) (2016/9/21時点)











いなばの白うさぎ (日本昔ばなしアニメ絵本 (17))

タイトル:いなばの白うさぎ (日本昔ばなしアニメ絵本 (17))
作者:照沼 まりえ
出版社:永岡書店
MY HIT:●●●○○

感想

本屋さんのレジの近くにあるクルクルまわる本棚でみつけました。
絵がかわいく、文章も分かりやすいためこのシリーズなにげに家に数冊あります。
なにより子どもでも持ち運びしやすいコンパクトさが魅力かな。
よく「読んで~」ともってくる本の中にランクインします。

昔話も好きだけど神話ってもっとすき!
これは完全に母の趣味です。
神楽とかいいよね~。

アニメ絵本のシリーズでもっとこの神話部門を充実させてくれたらありがたいのですが、残念ながら日本の神話部門はこれを含めて二冊のみ・・・・。うっ、さみしい・・・・。

学研で「めいさくたからばこ」でいろいろなシリーズが出てるのでここらへんで「めいさく日本の神話」とか出してくれないかなぁ。
日本の神話って好きだけど、登場人物の名前が長いからちょっととっつきにくいところがあるんだよね。
わかりやすく再話してもらえるととても助かる・・・。
Amazonで探したら、何冊か神話でまとめた本もあるようなんだけど、どうかなぁ・・・。
ま、ボトボチ探してみます~。





商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

いなばの白うさぎ [ 照沼まりえ ]
価格:380円(税込、送料無料) (2016/9/17時点)






これちょっと魅力的↓





風の神とオキクルミ

タイトル:風の神とオキクルミ
作者:萱野 茂
出版社:小峰書店
MY HIT:●●●●●

感想

長谷川摂子さんが紹介されていたので、図書館で借りてみました。
文章も絵も本当に素敵です。

神話って、土臭く、生々しく、矛盾をいっぱいはらんでるのに、すごくセクシャルな分野だと思うんです。
この絵本は、ほんとザ・神話っていう感じの絵本。
もっと、もっとこんな素敵な絵本にふれたいな。

ひどく人間臭い風の神ピカタカムイ。
ピカタカムイは、気まぐれや腹正しさを地上のアイヌの人々に向けます。
そのピカタカムイを罰する為にやってきたのが人間界のオキクルミという男児。(元は神)
オキクルミはピカタカムイを痛めつけ、でもぼろぼろになったピカタカムイを癒し、二度と人間界に悪さをせぬよういってきかせ、地上に戻っていきます。

以後、ピカタカムイは彼のいる方向に強い風を送らず、良い風だけを送るようになるのです。

ここ数年の異常気象。
東北に地震が起こったかと思えば、また豪雨や豪雪。
九州にも地震があれば、豪雨。

神様どうしてですか?
と、問いたくなるようなことが現代の私たちにもあります。

それはピカタカムイの所業に通じるような気もします。
そんなピカタカムイを、理屈でなく力でねじ伏せるオキクルミの存在は、ある意味地上の無力な人間の欲求にも似ています。
そして、ピカタムカイはオキクルミのいるところにだけは、悪い風を送らなくなります。

・・・・つまり、災害がなくならないわけではないんですよね。

徒然に、考えさせられる絵本でした。

でも、理屈くさいわけではないんですよ。
これがすごいと思うんです。
こんなに深い内容なのに、文章もよければ絵もすごくいい。

淡い水彩と、墨のラインが迷いなく本の中に収まっています。

女神は無垢で、残酷で、けれど美しく。
オキクルミは、精悍で、力強く、誇り高い。

ほれぼれとしてしまいます。


ちなみに、小桃ですが・・・。
この絵本に対しては「恐い!!」の一言で完全拒否。

まだ、はやかったかな・・・。

ま、それぐらいチカラのある本なんだと思います。





商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

風の神とオキクルミ新装版 [ 萱野茂 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2016/9/15時点)







かまきり

タイトル:新版 かまきり―おおかまきりの一生
作者:得田 之久
出版社:福音館書店
MY HIT:●●●●○

感想

でたー!
わたしの嫌いな虫。
正直、結構、写実的な絵です。
虫嫌いな私は直視するのもなかなかつらい。

でもそんな絵本でも小桃、見入ってます、魅入るといいかえてもいいくらい。

でも、不思議です。
私も小さい時から虫嫌いというわけではなかったんだよなぁと、この本を読みながら考えてしまいました。
確かにバッタやカマキリだんご虫、それらをおいかけて家に嬉々として持って帰っていた記憶があるのです。
超田舎だったせいもあるけど、バッタなんて日常茶飯事。
カマキリもしょっちゅう見ていたように思います。
カマキリのギザギザの鎌のような腕は今でも結構鮮明に覚えてます。

でも、この絵本すごいなぁ。
色々な瞬間のカマキリを、きっとこれ以上はないというようなアングル・構図で描いてます。

図鑑で見る写真のカマキリよりリアル。

得田さんのフィルターを濾過すると、虫の世界はこんなにも生き生きサバイバルしてるんだと思わされてしまう。

ファンタスティックな要素が微塵もないのに、明瞭で淀みの無い文章でグイグイ読者をひきつける。
こういうドライな文章すきだな~。

虫は駄目だけど、もっとこのシリーズを読んでみたくなりました。

ちなみにこの絵本、長谷川摂子さんの「子どもたちと絵本」に紹介されてたんです。
さらに、私が偶然手に入れていた「あおむし チムリのおさんぽ」を書かれている作家さんの本でもあります。
一人の人が、本書のような写実的な絵も描き、チムリのようにかわいい虫も書けるということに、驚きました。





商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

かまきり新版 [ 得田之久 ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2016/9/14時点)





ジャザサイズ

月曜日にジャザサイズの一日無料体験に行ってきました。

もともと、子どもを産むまではフィットネスとか行って適度に体を動かしてたのですが、出産、仕事復帰をしたあたりから、私の日常から「運動」の二文字は消えました(;_;)

体型はダダ崩れ、体力もダダ崩れ。
特に体力の衰えがひどく、なんとかしたいとは思っていたのです。
さらに同年代(40代)の友人が、若ければありえないような怪我を引きずってるのをみて、筋力をつけとかないと大変なことになるなぁと、日々恐慌。

しかし、いったん運動をしなくなると自宅でDVDみて運動してもなんか手加減しちゃってきちんと体を使えない・・・。

だけど今回は平日1レッスンのみ託児があるんです!
行ける!これなら私でも運動できる!

そうして行った体験レッスン。

感想は・・・、もう、すっごく楽しい
即効入会しました。

久々の運動で、筋肉痛を通り越して、体痛なのですがこの痛さもなんだか気持ちいい・・。

今日も行けたらいいな。

風の星

タイトル:風の星
作者:新宮 晋
出版社:福音館書店
MY HIT:●●●○○

感想


確かに私は日々風をかんじているのに、新宮さんの描く風は、この人にしか感じることのできない風なのだろうか?

それぐらい日常とは、乖離した風を描いた絵本でした。

見えないもの、つかめないもの、でも感じているもの。
世の中にはそれを、具象化してくれる人たちが存在します。
詩人の谷川俊太郎さん、ピアニストの辻井信行さん。

そして新宮晋さん。

絵本というより、画集+詩のような本書は、「風」を鮮やかに展開してくれます。

風ってどこから生まれるんだろう?

どこを巡るのだろう?
何に触れるのだろう?

どこに帰っていくんだろう?

読んでいる間、心に大きな空間が生まれて、そこを絵本の風が通って行くような錯覚を覚えました。

ページをめくるたびに、音と湿度、煌き、いろいろなこの星の情景に吸い込まれます。

子どもより、大人にこそ必要な絵本のような気がしました。














I LOVE モーツァルト

タイトル:I LOVE モーツァルト
作者:石田 衣良
出版社:幻冬舎
MY HIT:●●●○○

感想


ー好きなんだけど、歯が立たないー
めざし?するめ?いえいえ、そんなカワキモノのはなしではなく・・・。

わたしにとって、好きだけど歯が立たないもの。
日本の古典、英語、クラシック音楽。
なにも分かりやすく、飲み込みやすいものだけが、いいってわけじゃない。
めざしだって、するめだって顎はつかれるけどやっぱりおいしいもの。

古典に関しては、田辺聖子さんや永井路子さん、もろもろの解説書。
英語に関しては、名文集やディズニー。
音楽に関しては、ホニャララ全集。
と、とっつきやすいところから入って、ときどきちょっと難しそうなのに手を出して。行きつ戻りつしながら楽しんでおります。

そんなわたしにとってこの本は救世主。
石田衣良さんのすてきな文章で、モーツアルトのことが分かりやすく書かれているだけでなく、音楽、人生の楽しみ方まで示唆してくれています。
石田さんも「モーツアルトの流れるような、淀みのない感じが好き」といわれてますが、本書の文章もやはり淀みがない。
読んでいてすっと心と頭に入ってくれます。


本当に一番素晴らしいのは、芸術そのものではなくて、それを「素敵だ」「面白い」と感じることができる人の心である
人間の心のキャンバスのほうがどんな芸術よりもうんと広大なのだ


この一文。
そうそう、そうだよね~と、思ってしまいませんか?
グタグタに疲れてたり、どうにも晴れないもやもやを心に抱えたままだと、心のアンテナが鈍くなって美術館とかに行っても、いまいち感動を味わえなかったりするもの。
(私の場合、もやもやを突き抜けるぐらい落ち込んでるときは逆にアンテナが鋭くなるんですが・・・)
芸術を創作する側もすごいけど、芸術を連綿と伝えてきた受け手の存在も私はやっぱりすごいと思うのです。

無理に夢を探して、自分を傷つける必要なんか全くない。-中略ー「人生を楽しむ感じ」をいつも忘れないで欲しい
このこと、自分にも、ついつい仕事一筋になりがちな旦那にも教えてあげたくなるな。
トイレの壁に書いて貼っとこうかしら。

Mangare,Amore,Cantare.

スペルは自信ないけど、イタリア語で聞いたことあるフレーズが浮かんできました。

私の人生もかくありたい。

いろいろ書いてしまいましたが、この本、人生書ではなく、もちろんモーツアルトに関する本です。
CDもついてて曲の解説もしてくれてます。
専門知識の無い初心者(私)にとっては、とてもありがたい仕様となっております。
さらに、石田衣良さんお勧めのCD等の記載もあって入門書としての活用法も大です。
衣良さんは、グレングールドというピアニストの方がお勧めのようなので今度聞いてみようと思ってます。

それにしても久しぶりに石田衣良さんの文章を読みました。
一時狂ったように読んでた時期を懐かしく思い出します。新刊も色々だされてるみたい。
読みたくなっちゃったな~。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。