杏色の空
私(杏)と長女3歳(小桃)次女0歳(小梅)の読書・雑記になります。

ごぶごぶ ごぼごぼ (0.1.2.えほん)

タイトル:ごぶごぶ ごぼごぼ (0.1.2.えほん)
作者:駒形 克己
出版社:福音館書店
MY HIT:●●●●○


感想

鮮やかな色の背景に、水泡や気泡を思わせる丸が、色々な大きさや配置で描かれてます。
文章も「ぷ ぷ ぷ」や「ぷわ ぷわ ぷわ」や「さわ さわ さわ」など・・・正直なにがおもしろいのやら??

でも、小梅ちゃんこの本を広げて読み始めると、瞳ロックオンでみごとに食いついてくれました。

驚いたのがその何日か後に、この本を持ってきただけで、喜んで足をバタバタしてたことです。
絵本全般好きなようで、読み聞かせはいつもうれしそうなんだけど、この反応は初めて見るものでした。

擬音のパレードで読むのは少し難しいですが、横で子供がうれしそうに本に見入ってくれます。
その笑顔で些末なことは万事OKなのかな、とも思えてくるから、肩の力を抜いて読むことにしています。

気分は浮き輪に背を預けて、海をたゆたう夏の午後といったところでしょうか。

ここで一句。

子と二人 くらげになりし 絵本読み



商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ごぶごぶごぼごぼ [ 駒形克己 ]
価格:864円(税込、送料無料) (2016/8/29時点)




スポンサーサイト