杏色の空
私(杏)と長女3歳(小桃)次女0歳(小梅)の読書・雑記になります。

わんぱくだんのきょうりゅうたんけん

おはようございます。
昨日は食中りで死んでました。
間違っても、ビール飲んだら治るよ~となめてかからないことです。

みなさんも気をつけてくださいね。きついですよ、いや、ほんと。

さてさて、本題です~。


タイトル:わんぱくだんのきょうりゅうたんけん
作者:ゆきの ゆみこ (著), 上野 与志 (著), 末崎 茂樹 (イラスト)
出版社:ひさかたチャイルド
MY HIT:●●●●○

感想

けん・ひろし・くみの三人組。きょうはどんなドキドキにであえるのかな?
絵と話の展開が絶妙で、子供の冒険心をくすぐる内容です。
話のオチは大人ならだいたい想像つくものの、子供に読む時って、自分ひとりで読むのとは違うんですよね。
オチがわかってても、横で聞いてる子供の高揚感に引きずられて、三人組と小桃と私で一緒に冒険をしている気持ちになってしまいます。

街中だと特に、ゲームやカードで遊ぶ子供が目につき。団地の家にいると目の前の公園は昼は空っぽ、夏休みなのに子供たちはどこに消えたんだろう?家の中であそんでるのかなぁ?な日常。

そして子供だけで、山の斜面に基地を作ったり、空き地ではしゃぎまわっていた自分の幼少期。

ありふれた言い方になってしまうけど、物ではない豊かさが、この本には溢れていると思います。
そして大人の憧憬も。

蛇足ですが、このシリーズを読むとどうしても重松清さんの「カシオペアの丘で」を連想してしまいます。
子供の寝顔を横に、この三人が大きくなったらステキなドラマとか生まれるのかしら?といけない妄想をふくらましてしまう、ちょっと腐女子な私です。










スポンサーサイト