杏色の空
私(杏)と長女3歳(小桃)次女0歳(小梅)の読書・雑記になります。

うみのしっぽ

タイトル:うみのしっぽ
作者:内田 麟太郎、 長 新太
出版社:童心社
MY HIT:●●●●○

感想

小さなノラ猫2匹が、食べ物を求め、強いものに追いやられて細い川の川上に行き着きます。

死を予感したノラ猫が「みずさんにおれいをしなくっちゃな」と言って、水をくすぐります。それは子供のころ母さん猫が自分にしてくれた一番うれしいこと。

そこで起こった不思議なできごととは・・・?

ピアニシモでささやくような猫の声が聞こえてきそうな文章。そして切ない猫の表情に目の奥が熱くなります。

でも、そこをぐっとこらえて次のページをめくりましょう。

あらあら不思議。
お魚が空に浮かんでいます。いったいどういうこと??

ピアニシモが一呼吸おいて軽快なリズムを奏で始めます。

話の展開と音楽の曲調変化って似てますね。
文章と絵の、すてきなアンサンブルが始まります。

最後まで読んでください、温かい白湯を飲んだ後のように心が温まりますよ。




スポンサーサイト

百日祝い

昨日は下の娘の百日祝いでした。

「もう4カ月か・・、早いな」、と私が話すと、「何言ってるの、もう5カ月よ」と指摘を受けました・・。アワワワワ。

ごめんよ~、娘っち。
私数え間違えてました。
大きくなったな、重くなったな、歯も生えてきたよ、等々。いろいろ兆候はあったのに・・・。
すべて、2番目の子は成長早いわ~で済ましてました。

離乳食はじめなきゃ・・・・。よだれもいっぱいでてきてるもんね。ごめんね~。

ちなみに5カ月に突入してたため、人ミズもはじまっており号泣につぐ号泣で、お食い初めはあわただしく終了。
一枚の写真も撮れんかった・・・。

くった のんだ わらった

タイトル:くった のんだ わらった
作者:内田 莉莎子
出版社:福音館書店
MY HIT:●●●●●

感想

私の住んでいる地方の図書館では、一人10冊で2週間本を借りることができます。

かといって3歳の娘と一緒に図書館にいってもじっくり自分好みの本を探すことは難しい・・・。
なのでいつも自分の登録カードで10冊はネット予約。子供分の登録カードで当日子供に5冊、自分が5冊(下の娘用、まだ4カ月)選び計20冊借りて家路についてます。←死ぬほど重いよ・・・、抱っこひもなんてしてたらマジ膝折れそう・・。

この本は娘が選んできた中の一冊。ポーランドの民話だそうです。全然知らない話だったので、娘に読みながら、私も続きが気になってドキドキしながら読みました。

自分の卵をまもる奥さんと卵をモグラから、何とか助けるために、オオカミにモグラを追い出してもらうことを考えた、ヒバリのお父さん。
だけど、オオカミはタダでは動いてくれません・・・。
小さなヒバリは知恵と勇気と度胸で、まだ見ぬわが子と奥さんを守っていきます。

文章は名手、内田 莉莎子さん。よどみなく読んでいくことができます。
読み聞かせをしていると気がつくのですが、読みやすい文章はやっぱり美しい。
そして、いともかんたに絵本の世界に連れて行ってくれる。
昨夜の読み聞かせは、この本のおかげで本当に楽しかったです。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。