杏色の空
私(杏)と長女3歳(小桃)次女0歳(小梅)の読書・雑記になります。

きょだいな きょだいな

タイトル:きょだいな きょだいな
作者:長谷川 摂子
出版社:福音館書店
MY HIT:●●●●●



感想

あったとさ、あったとさで始まるリズミカルな絵本。子供と体を揺らしながらいつも楽しんでます。
楽しすぎて、睡眠導入には全く不向き(笑)。
何度か夜読んで逆にテンションあがったりしてるので、そこは要注意です。


スポンサーサイト

ことりのうち

タイトル:ことりのうち
作者:さとう わきこ
出版社:福音館書店
MY HIT:●●●○○

感想

ばばばあちゃんシリーズの一冊。
マイペース&パワフルに日々を楽しむばばばあちゃんが、やっぱり楽しい。
小鳥の声を聞こうと待ってるみんなの左上から怪しげな鳥がやってくるページが一押し。



いちご

タイトル:いちご
作者:平山 和子
出版社:福音館書店
MY HIT:●●●○○

感想

見開きの左に黒字で人の問いかけ「はやく あたたかく ならないかな」。右に赤字で、いちごの答え「はやく あたたかく ならないかな」。
こんな感じで話が進んでいきます。
絵はすばらしくきれいだし、いちごがどのように成長して食卓にのぼるかを、子供が絵本を通して感じられるのはとてもすばらしい。

じゃあなんで、●みっつなの??ってことですが、これは私の力量不足・・・。
文章がシンプルすぎて、人といちごの役を子供に分かるように読み分けるのが難しい・・・。
あからさまな、悪役、正義の味方だと読みわけも楽なんだけどねぇ・・。

でも、いい絵本ですよ。子供が絵に吸いつくように見てました。