杏色の空
私(杏)と長女3歳(小桃)次女0歳(小梅)の読書・雑記になります。

たこをあげるひとまねこざる (岩波の子どもの本)

タイトル:たこをあげるひとまねこざる (岩波の子どもの本)
作者:マーガレット・レイ (著), H.A.レイ (イラスト), 光吉 夏弥 (翻訳)
MY HIT:●●●●○

感想

あいかわらずな、知りたがりのジョージとほのぼのな周囲の人たちのかかわりが面白い一冊です。
それにしても、今まで読んだジョージは割と街中に住んでいたイメージだったのですが、今回は引っ越したのかしら(?)
なんだか郊外の長閑なところで黄色い帽子のおじさんと暮らしているようです。

内容はざっくり2部構成。
一部・・・おさるとウサギのほのぼのかくれんぼ
二部・・・たことあがるひとまねこざる

といった感じでしょうか。

字も多く、長いので、二回に分けて読んでます。

ジョージのかわいさ、絵の優しさもさることながら・・・。

困ったジョージを見守る絶対的な安心感が、本全体に溢れています。
この文字には現れない空気が、子供を捉えているような気がします。

子供が本当にこのシリーズが好きです。

そろそろ購入を考えなくてはいけないかなぁと思っております。
じじばばにおねだりしてみようかなぁ~。


スポンサーサイト

おだんごぱん (日本傑作絵本シリーズ)

タイトル:おだんごぱん (日本傑作絵本シリーズ)
作者:わきた かず (イラスト), せた ていじ (翻訳)
MY HIT:●●●●○

感想


せたていじさんの文章が好きで、図書館で見つけた時すぐに貸しだし手続きをとりました。
この方の文章って、シャープで読者に子供と大人の区別をつけない感じがあります。
その作品に一番適切な日本語で翻訳されている感じとでもいいましょうか・・・。読者にこびてない、超然とした感。

・・・・実際名訳だとおもいます。

簡素で飾り気のない文章が、繰り返されるのが読んでいても心地よいです。

内容は、逃げだしたおだんごぱんが、最後はキツネに食べられてしまうという昔ながらのお話。”にげだしたパンケーキ”ととても似ています。

おいしいものは、逃げるようになくなるもんね。
そこは今も昔も変わらない感覚なのかも。

今日は小梅にこの本を読んでみようかと思ってます。

いい一日になりますように。


大草原のローラ―90年間の輝く日々

タイトル:大草原のローラ―90年間の輝く日々
作者:ウィリアム アンダーソン (著), William Anderson (原著), 谷口 由美子 (翻訳)
MY HIT:●●●●○

感想

以前絵本で読んだ、大きな森の小さな家シリーズをきっかけに、興味をもった”大草原シリーズ”。
昔ドラマで放送されてたのは知ってますが、かなり断片的な記憶なうえ、内容は全く知らない状態でした。

図書館でこの本に出会ったとき、すぐ手に取ってました。
結構なボリュームの本だったので延長手続きをとって3週間、チビチビ読みやっと完読。

時は西部開拓時代。
一人の少女とその家族の軌跡が、しっかりアメリカの歴史とシンクロしていて、とても感銘を受けたし、勉強になりました。

あのアメリカ人の寛容さ、オープンな明るさは、大きな大地と厳しい自然環境のなかで人々が支えあい受け入れあって育まれてきたものだということ。
銃規制や、オバマケアを嫌がるのを不思議に思っていたけど、西部開拓時代のような組織に頼らない時代を自分の曾祖母達から聞かされて育てば、国に支配されて自主の気風を失うことの本能的な拒否はあり得るかもしれないなぁと感じたり・・・。

そして、家族に恵まれ、家族を支えて地道に生きた一人の女性”ローラ”。
額に汗して働く事をいとわない人が、人生の後半に四苦八苦して紡いだ物語が後世にまで愛される作品になったという素晴らしさ。

上の子がもう少し大きくなるまでまってこの大草原のシリーズをいっしょに楽しもうと思ってたけど、我慢できずに買いそろえてしまいそうで、少し自分が恐いです(笑)


わんぱくだんのロボットランド

タイトル:わんぱくだんのロボットランド
作者:ゆきの ゆみこ (著), 上野 与志 (著), 末崎 茂樹 (イラスト)
MY HIT:●●●●○

感想

小桃の大好きな”わんぱくだんシリーズ”久々の登場です。
人気があるようで、なかなか図書館ではめぐり合えないのですが、今回は日ごろの行いがいいからか(?)会えちゃいました。

このシリーズだいたいパターンが決まってます。
仲良し三人組が遊んでると、ピカーと光がさして、異世界へ飛んで一冒険するという感じ。
今回もそうなのですが、これがかえって子供にはいいのかも。

小桃、瞳が「キタキタキターーー!」と叫んでます。

ロボットのセリフがたくさんあるのですが、これをスターウォーズのR2-D2のように読んでみました。
人には聞かせれないけど、子供にはできるんだから、自分のことながら面白いもんです。
・・・・特に反応はなかったけど、ね。

でもやっぱり好きみたいです。

だって黄金フレーズの「もう一回読んで~」がでたもの。

一人心の中で「よし!」とガッツポーズを作った自分なのでした。




神さまがやどる お掃除の本

タイトル:神さまがやどる お掃除の本
作者:きさいち 登志子
出版社:永岡書店
MY HIT:●●●●○

感想

自分を育ててくれ見守ってくれた家と家の神さまに感謝しながら掃除する事がポイントです。

この一文が、この本のキモではないでしょうか。

私は「掃除は嫌いだけど、きれいな空間はすき」というわがままな性格。
だけど、この文章を頭の隅において掃除(磨き掃除)をすると、不思議と掃除が気持ちよくなってきました。
気の持ちようってあるもんですね~。

ウェスとメラミンスポンジ、スプレーを駆使して隙間時間に磨き掃除を実践中。

磨き掃除は大きい音がでないから子供が寝てるときにできるのがうれしい・・・。

特に台所のシンクを一日一回、ウェスで仕上拭きをすると見違えます。


春の仕事復帰に向けて、徐々に家の中を綺麗に保つ仕組み作りを行っていきたいところだったので、この本はとても参考になりました。
難しい道具はいらないし、手軽にでも綺麗にできる方法がかわいいイラストでかいてあるのでやってみようかな~と思えるのです。

寒い、忙しい、時間無の三重苦の年末に大掃除をスルーされた方は、この本をみてもう一度ゆっくり掃除を楽しむのもありだと思います。